風俗嬢 虎の巻


@乳首攻めの巻@



なかなか射精しないな、というお客さんはかならず我慢しています。 無意味に天井を見つめていたりしたら、かならず射精を我慢していると考えてよいでしょう。 しかし「困った時の乳首頼み」というのがプロにはあります。 お客さんが我慢している時というのはギリギリのラインで踏ん張っています。 逆にいえば、踏ん張っている時っていうのはちょっと押してあげれば射精へといとも簡単にもっていけるのです。 男性にとって射精をガマンしている時に乳首を攻撃されるほどつらいものはありません。 我慢している時に乳首を攻撃されると、理性もなにもかも吹っ飛び「とにかく早く射精したい」という気持になります。 もし、あなたが「ガマンしてるな」と思ったら、そっと乳首を指でなでてあげるか、つまんでみてください。 それがお客さんの背を押すことになり、あっという間に射精へと導けるでしょう。



▲リストへ戻る